Pedachitos"ぺだしーとす” OMETEPE*TOU / オメテペトウ | ラテンアメリカ*音楽*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラテンアメリカ*音楽*

クラフトとは関係ないのだけれど、
ラテンアメリカの音楽をなんとなく紹介したくなりました。

pre_calle_13_mercedes_sosa_01_8747785262.jpg

calle13 (カジェ・トレセ)
訳すと、”13ストリート”、13番通り?でしょうか。
プエルトリコ出身の超有名アーティスト。
問題発言や行動の多いことでも有名です。

彼らの曲で”Japon-pon"日本ポンという曲があります。
思いっきり日本人を茶化しています。

RとLの発音ができないとか、
中国と日本をごっちゃにしてたり、、、。

日本人的にはちょっと腹立たしい感じの曲ですが、
実際、それが、ラテンアメリカの日本人に対するステレオタイプの考えなのかもしれません。

例えば、
日本人が、中米と南米の区別がつかなかったり、ラテンの人は皆陽気だと思っているように、
ラテンアメリカの人は、日本と中国とタイがどこにあるのか区別できていないし、日本人は皆空手をやり数学が得意だと思っていたりするのです。

物理的に遠い国ですし、
あまりお互いの情報がないのかもしれません。

私も、向こうにいると
この歌と同じような会話をしていたりします。。。

”貴方の国では犬を食べるんでしょ?”
”いやいや、それは中国だよ!”


で、calle13、"japon-pon"とか好きでない曲もあるけれど、
この曲はいいかも〜。

"Latinoamérica ".



訳*〜中略〜
僕はラテンアメリカ
脚がなくても歩く民

君が風を買うことはできない
君が太陽を買うことはできない
君が雨を買うことはできない
君が熱を買うことはできない
君が雲を買うことはできない
君が色を買うことはできない
君が私の喜びを買うことはできない
君が私の痛みを買うことはできない

僕には湖がある 河がある
微笑むための歯もある
僕の山々を彩る雪
僕を乾かす太陽と僕を濡らす雨がある
竜舌蘭の一杯の美しさにうっとりした砂漠
コヨーテと歌うために 必要なものすべて
僕には澄み切った青を吸い込む肺がある
息苦しくなる高度
僕の口にはコカを噛む奥歯がある
破れた葉っぱとともにある秋
星空の下で書かれた詩
ぶどうがぎっしりのぶどう畑
キューバの太陽の下のサトウキビ畑
僕は家々を見守るカリブ海
聖水の儀式を行いながら
僕の髪をとく風
僕は私の首にぶら下がる全ての聖人
僕の闘いの本質は人工的なものではない
僕の大地の肥料は自然のものだから

君が風を買うことはできない…

あなたが風を買うことはできない…

君が太陽を買うことはできない
君が雨を買うことはできない
(私たちは道を描きながら行こう
歩いて行こう)

君が私の命を買うことはできない
私の大地は売り物ではない
〜中略〜



この曲も面白い。

世の中には色々な外見、色々な価値観、色々な主義、たくさんの人がいるけれど、
あなたみたいな人は誰もいない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

因みに一番上の写真。calle13の後ろにいる人は
もう亡くなられてしまいましたが、
Mercedes Sosa (メルセデス・ソーサ)。
1935年生まれのアルゼンチン出身のとてもとても有名な歌手。
沁み入る系です。


Trackback

Trackback URL
http://ometepetou.blog134.fc2.com/tb.php/87-d6846aaa

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

kura

Author:kura
Artesana.

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。