Pedachitos"ぺだしーとす” OMETEPE*TOU / オメテペトウ | 漁師で生きていこう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁師で生きていこう。

旅で出会った友達、タカちゃん。
笑顔が素敵で、私のフェイバレット、ファイヤーダンサー。
ブログはこちら⇨http://takacosmos.blog33.fc2.com/
彼女がmixi日記に書いてた、ある本の小話。

とても心に残っていたのでちょっとブログに使わせてもらいます。

「成功はたかくつく」 

ニューヨークに住む裕福な企業家が、 
コスタリカの浜辺の町へ二週間の休暇をすごしに出かけた。 

彼は現地に到着したその日に、地元の漁師から買った魚の、 
いもいわれぬ味わいにすっかり魅せられた。 
翌日、波止場でふたたび漁師と出会ったが、 
その日の獲物はすでに全部売れ切れていた。 
どうやら漁師は、とびきり上等の魚が大量に獲れる穴場を知っているらしいが、 
一日に獲るのは五尾か六尾にきめているという。 

なぜもっと熱心に働いてたくさんの魚を獲らないのかと、企業家は尋ねた。 
「そうはいっても、だんなさん」と漁師は答えた。 
「今の生活なら、毎朝九時か十時までのんびり寝てられるし、 
そのあとは子供たちと遊んで、それから一、二時間ばかり漁にでればいい。 
午後は一時間か二時間ほど昼寝して、 
夕方は早めに家族全員でゆっくりと晩飯が食える。 
それで夜になったら、村へ繰り出して、仲間とワインを飲みながら、 
ギターを弾いたり歌を唄ったりして、毎晩楽しく過ごせるんですよ。 
やりたいことをやってなに不自由なく暮らしているのに、これ以上何が必要なんです?」 

企業家は言った。 
「もっと魚を獲りたまえ。そうすれば、きみの未来はばら色だ。 
いいかな、わたしはニューヨークから来たビジネスマンだ。 
きみの人生が今よりもっとすばらしいものになるように手を貸してあげよう。 
何を隠そう、わたしはハーバードでMBAを取得した経歴の持ち主だ。 
ビジネスやマーケティングに関して知らないことは何ひとつない」 
さらに調子に乗って続けた。 
「バラ色の未来を実現させるには、まず、毎朝早起きをして夕方まで漁に励み、 
夕食後また漁に出ることだ。 
そうすれば、あっという間に金がたまって、もっと大型の船に買い換えることができる。 
二年もしたら、五、六隻の漁船を所有して、仲間の漁師たちに賃貸しできるようになる。 
それから五年もすればきみのもとに集まる莫大な量の魚を加工するための工場を持てるし、なんなら独自のブランドを立ち上げることだって可能だ」 
漁師の困惑した表情を尻目に企業家は言葉を継いだ。 
「さらに六、七年したら、ニューヨークでもサンフランシスコでも好きな都市に移り住んで 
自社製品の営業に専念し、工場は誰かに任せればいい。 
十五年か二十年もしっかり働けば、大富豪になるのも夢じゃない。 
そうなったら、あとは死ぬまで一日だって働く必要はないんだぞ」 

「そしたら、何をすればいいんです?」 

裕福な企業家は熱い口調で言い切った。 
「そしたらメキシコかどこかの小さな村に移り住むことができるよ。 
毎日のんびり朝寝を楽しみ、村の子供たちと遊んで、 
午後はたっぷり昼寝して、ゆっくり夕食をとって、 
夜は仲間とワインを飲みながら、ギターを弾いたり歌を唄ったりして、 
毎晩楽しくすごせるじゃないか」 



*********** 

moblog_4f8b1dc2.jpg
playa punta gorda

Trackback

Trackback URL
http://ometepetou.blog134.fc2.com/tb.php/52-89dfc358

Comment

| | 2011.03.05 19:01
このコメントは管理人のみ閲覧できます
K.takada | URL | 2011.03.06 21:42
考えさせられる話だなと思った。人には欲というモノがあるが欲は人に支配されている環境の中で発生するんじゃないかなと。
自然と共存共栄している人にとってはお金=向上心になるものだとは一概には言えない気がする。確かに生活していくうえでお金は必要だけど、"欲" のために時間を犠牲にして身を削る必要があるのか?
都会で生活していると、時間に追われ自分自身を忘れ気付くと空を見上げて感情に浸る(太陽が綺麗だとか、今日は海の色が違うとか、今日採れた野菜美味しいとか...)なんかそーゆう本来、人間が生活していくうえでごく当たり前の事ができずに忘れてしまうんだ。悲しいことに。。カナダに行った時に身をもって体験したことだね。「やれ一流企業のビジネスマンだろうが大富豪の金持ちだろうが、メープルツリーのマルタ割りも出来ないようじゃシカもさばけないようじゃここ極寒のカナダじゃ生活はしていけないよ。」
って。。っーかおれ何にも出来ないじゃん!って思った。やべーって...生活力がはんばない。自然と共存して生きている人達にとっては、家族、友人達と物を分けあい助け合い生きていく事が一番大事な事であってそこに"欲"というものは存在しないんじゃないかなと思った。だからこの話も結局、行きつくところは同じ。だってその人自身が今の生活に満足しているから。何が自分の人生で大切かを知っているから。
Mayumi | URL | 2011.03.07 03:33
サンペドロのまゆみです。
元気でしたか?
まりちゃんのブログから飛んできたよ!

わはは!これおもしろい!!
だからうちらこっちにいるんじゃんね~~!!笑
kura | URL | 2011.03.08 02:11
タカちゃん♪
丁度メールしようと思っていたところ。
勝手に紹介しちゃったかんじでごめんね!
タカちゃんが普段使ってるメールアドレスはどれかしら?
教えてくださいませ。
ではではまたね♡


kura | URL | 2011.03.08 02:22
k.takada> 都会で生活してるとだんだん、ビジネスマンになちゃうよね、、。私は漁師でいいたいなと思う(笑)

Mayumi> 元気だよ!まだまだ大変だったりもするけど(こないだ相談してた系のこと、、へへへ)
だねだね!だから中米組になってしまったのかもねー(笑)
Comment Form
公開設定

プロフィール

kura

Author:kura
Artesana.

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。